船で渡る祈りの場所

強い弾圧の中240年の時を経て、
今もなお続いている隠れキリシタンの祈りをささげる場所。
若松港より約15分。

キリシタン洞窟

祥福丸

私が隠れキリシタンに携わって来たのは、昭和43年3月、10歳の時からだった。小学5年生になった私に、母はいつもご膳の仕方を教え、このような時にはこのような祈りと、数多い祈りの仕方まで教えてくれた。私が今も記憶に残っているのは、日曜日の朝、いつも父が正座して黙々と祈っている姿だった。今240年の歳月を経て、強い弾圧の中を守りぬいてきた信者の方々に、大きな誇りと感動を感じます。皆さんもぜひ一度、神秘的隠れキリシタンの地を訪れてみませんか。きっと新しい世界が開けることでしょう。

祥福丸 坂井鈴子







〒853-2302 長崎県南松浦郡新上五島町桐古里郷606
電話 0959-44-1762 / 船長直通 090-2516-9948





©2014 shoufukumaru All rights reserved.